読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美人心計

画皮が終わって心にぽっかり空いた穴を埋めるべく、美人心計を見ていました。
BSでもだんだん中華圏のドラマを放送するようになって来ましたね。
そうだよ、大陸で面白いのは古代劇なんだよ!!と手を叩いて喜んでいます。

weibo(中国版ツイッター)でも評判が良かったこのドラマ、簡単な感想を。

以下ネタバレちゃん

話の展開が早い

宮仕えをしていた母が呂太后に殺され、なんかシンデレラのいじわる母さんみたいな親戚の家で不遇な日々をすごす主人公、とおもいきやその生活は1話で終了し、宮中入り、そして代国、皇后へと話の展開がとにかく早かった。母を殺した呂太后に恨みを持つのかとおもいきや、そんなことはなく(これは、なぜなのだ?親の敵は中国ドラマの王道じゃないのか?!)運命にしたがってったらなんか女の戦いにも勝てて皇后なっちゃいました〜という話だった。まあ展開が早くて飽きないことは飽きないです。

人がたくさん死ぬ

新板水滸伝の柴進と燕青が出ていたので楽しみにしてたんですけど
柴進、第一話にて死亡
燕青、第二話にて死亡
というなんともひどい仕打ちが待っていた。
話の展開が早いということで障害はすべて早急に取り払わなければならないため、殺された人間も多かった。じゃまになったら、もう殺すしかないわ…みたいな。

美人は多いけど

美人心計というだけあって美人はたくさん出てきた(^O^)
私はとくに杨幂の演じる雪鸢が大好きだった。醜い姿の時に主人公に良くしてもらったのをずっと恩に感じていて、彼女だけは心揺らぐことはなかった。之に対して、主人公はそんな彼女を利用しようとしたり、意外とあくどかった。主人公らしからぬ悪どさだった。中国の主人公はあくどいところも結構みえるよね。人間の抑えられない欲望を素直に出すところ、結構好きよ。

あと私的にイケメンは出て来なかった。美男心計も作って欲しい。ぜひに。

少し不思議に思ったこと

賄賂を渡す場面が多かった。これは結構どの大陸時代劇ドラマにも共通して見られる光景。昔の日本も多分こういう賄賂は横行していたんだけど、それを敢えてドラマで見せることはしない。むしろ、渡されてもそれを断り、無償でやってあげるっていう行為がクローズアップされている。
中国では逆に、困っている人に「困ったらこれを使いなさい」って賄賂分も渡すところがクローズアップされている。この日中の違いは結構面白いよね。

ちょっと残念

残念なのは駆け足過ぎて一人ひとりのエピソードが結構簡単に終わってしまったこと。
最初に出てきた皇帝の死も、文帝の死も、準主役レベルなのだからもうすこし時間をとってあげればよかったと思う。
とにかく早すぎるのと、人が死にすぎたので、感動的な別れのシーンもなんだかさっぱりしすぎていた。
唯一の救いは主人公が最後の最後に周将軍と和解できたことかな。なんか一緒に雪鸢も報われたような気がして私は嬉しかったよ。

国語学習の効果

今回テレビで見てたので中国語音声日本語字幕だった。
いつもは中国語音声中国語字幕だったので、日本語字幕になるとものすごく分かりやすい。
でも、やっぱり日本語の字幕に頼ってしまう。
今回も皇后娘娘驾到~とか結構出てきたけど長い台詞の中で知らない単語が出てきても一瞬で消えてしまう。そして中国語字幕も無いのでうろ覚えることも出来ない。
だから結局覚えることを放り投げてしまい、あまり中国語の語彙は増えなかった。
たとえば、よく宮中の侍女は謝るときに奴婢该死とか言うんだけど、日本語の字幕では申し訳ございませんって出るのね。
でも、あとで「あの申し訳ございませんってなんていうのかな」って思って日本語で調べてみてもこれはなかなか出てこないよね。
字幕は便利だけど日中間の言葉のずれもかなり省略してしまっている。
日本語から中国語をこうやって探していくのはあまりにも途方も無いので、
今後私はやっぱり中国語音声中国語字幕で地道に続けていこうと思っています。

でも中国語のしゃべっている感じはどんな風なのか知ることができるので日本語字幕でも中国語音声を聞くことはとても大事なことだと思う。
どのテンションで、どんな人が、どんな場面で話しているのか知ることができるという点で、ドラマを見ることもとても勉強になることだと思う。それで、好きなジャンルができたらこっちのもんだよね。

ところで、このドラマを見ている時にツイッターで同時期に流行った
#いつか言いたい中国語 タグのまとめが面白すぎて、これは中国人にも見せなかん!と思ってweiboに出したら7000くらいRTされました。
これです http://togetter.com/li/403935
こういう外国人が母語を話すネタというのは、どこの国でも歓迎されるみたい。
私だって外国人が「この紋所が目に入らぬか」って言ってたら友達になりたい。そんなんです。


でもこのドラマで女の戦いトラウマになったのでしばらく宮中ドラマはやめようと思ってその後魔法少女見始めました。やばい。こりゃ流行るわ。そして現在趣向を変えてアメリカのホラー系のドラマ見てます。たまに見るものをガラッとかえるとその分刺激がよくていいなあと思うのです。