読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巨大ジャンル『おそ松さん』にはまった話

最近はまっているのがアニメ「おそ松さん」

赤塚不二夫生誕80周年を記念して、「おそ松くん」が現代版になって帰ってきました。おそ松くん時代のアニメの記憶はまったくないんですが、おそ松音頭は歌えたし、アニメーションに見覚えがあったので多分子供のころ見てたんでしょう。

6つ子の少年が成長して、ニートになった日常を描いています。
6つ子にはそれぞれに性格がきちんと割り振られていて、見ているとじわじわ愛着がわいてきます。自分の好きな6つ子メンバーを「推し松」といって、全員好きな場合は「箱推し」というそうです。

腐女子のみなさん、いやオタク?の女子を確実に狙っている感じが潔くて好きです。裏を返せば知らない人にはよくわからない回もあるかもしれません。あと、男性的にはどうだったのかも聞いてみたいです。笑っちゃうほどくだらない下ネタの回もあれば、真面目な恋の話もあって、私はどの回もとてもおもしろかったと思います。

今まで私は流行おくれとか、そもそも流行していない過疎地域のジャンルにハマることがおおかったんですが、今回初めて旬のジャンルにハマってから、pixiv(二次創作やオリジナルのイラストや小説を投稿するサイト)を覗くのが楽しくなりました。は~ほぼ毎日いろんなものがアップされている~!いまだかつてなく私の心はにぎわっています。

 

「おそ松さん」は全25話ですが、私は24話まで推し松が決まりませんでした。決めなくてもいいんですけど。でも、24話を見てから私の「推し松」はカラ松に。そして最終回が終わってからもう一度、今度はカラ松を中心に最初から見直したらなんとなく全体を見ていた1周目の100倍くらいおもしろくなりました。すごい。私はもうカラ松ガールズだよ~~

 

好きなエピソードは「一松事変」と「自意識ライジング」です!もちろん他のも好きだけど、これは特に面白かったと思います^o^