読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

合肥旅行1 周瑜墓

行ってきた合肥合肥だよ合肥!遼来来!
(写真:合肥汽車駅)

わたしがすんでるとこからは汽車で3時間くらいと結構近場。
今回の第一目的は合肥から一時間ほどバスで行ったところの蘆江県へ周瑜の墓参りをすること!*1墓ガールなので。あとは合肥遺跡公園を見る!博物館行く!そんなもんだったかな。ただ直前に張遼の墓もあるという情報も入手してしまったので汽車の中ではもんもんと計画を練っていた。


(写真:中国汽車の硬座)

合肥に着いたのは夜だったので、その日はすぐホテルに行き休憩。
次の日の朝7時半くらいに出発して合肥のバス南駅から蘆江県行きのバスに乗る。*2実はその前に他の駅にいったら「蘆江行きのバスはないよ」と言われ、1時間くらいロスしたのである…。ネットで調べたのに…。今回の連休は4月の清明節で、みんな実家に帰ってお墓参りをするんだそうだ。


バスもめっちゃ混んでいたんだよ。
だからこの行列を見た時はオワタかもしれないと思った。でも人が多いとバスも本数が増えるようで、1時間待たずに乗車。25元のチケットで、それから1時間で蘆江駅に到着。そこからの行き方については何も考えてなかったので(そもそもどこに降りたのかわからない)、バイクタクシーに「周瑜墓园」まで連れてってもらった。めっちゃ安い。4元。そしてすぐ着いた。歩いても行けた。






外は大きな門


中はすごくきれい〜


ちょっと左右にある楼閣(?)に登って上からパシャリ


奥がお墓になっている。清明節だからか、お線香とお花が供えられていた。
私もひとりで合掌(−人−)


左右の廊下には周瑜の生涯について書かれたパネルが。


孫策臨終のときのシーン。孫策ターバンみたいなの巻いてる。

満足満足〜しかしこの時点でデジカメにSDカードを入れ忘れたあげく充電が切れそうな事に気づく。デジカメに関しては常に余裕がない旅になってしまった…。反省。
ちなみに入場料は無料。蘆江県はすごく小さな街なので、三国志ファンとして他には見るところなし。来た道を歩いてバス駅まで向かい、急ぎ合肥に戻る事にした。行きの混雑が嘘のように帰りは大型バスに乗客4人というアンバランスな状態で帰ってきた。1時に合肥に戻ってきて次は三国遺跡公園へ。



(続く)

*1:一応周瑜の出身地でもあるらしい。

*2:合肥〜蘆江のバスは20分に1本出ているので行きやすいと思う。